宮城県での任意売却に必要な書類について

宮城県で任意売却をする場合、どんな書類が必要になるのでしょうか?債権者により異なりますが以下にあげます書類は、一般的に必要になってくる書類です。

まず物件の売買契約書です。

そしてそれに付随する建築確認申請書や、重要事項説明書が必要になってくるでしょう。

また物件の権利書も必要です。

これは登記済み証とも呼ばれますが、コピーでも構いません。

それから任意売却をしやすくするために、物件の写真を撮ったり、また間取りの説明書を作成する必要もあることでしょう。

また土地や建物の評価証明書も必要です。

さらに、最低いくらで売る必要があるか料金設定をするために、自宅に送られてきた督促状や催告書など、ローンの借入先から送られてきた通知書を一緒に提出しましょう。

これがあれば、実際にいくらで売れるかは別として、金額の妥当なラインを打ち出すことが出来るでしょう。

そしてたくさんの書類に捺印しますので、印鑑と印鑑証明も必要となってきます。

さらに、任意売却専門業者に委託する場合、不動産業者に依頼する時に結ぶ契約書、つまり専属専任媒介契約書を作成します。

さらには委任状、つまりこの業務を業者に委任したということを証明するものも作成します。

そして任意売却に関する申出書、生活状況に関する申出書、税金の納付書、ローン残高についての書類も一緒に提出します。

以上が、宮城県で任意売却する際に必要な書類です。

詳しくは、専門業者にお尋ねください。